So-net無料ブログ作成
検索選択

中村彝アトリエの保存が決まりました。 [最新情報]

彝アトリエ.JPG

 「中村彝アトリエ保存会」が活動をはじめてから、ほぼ3年余が経過していますが、ようやく新宿区による彝アトリエの保存が決定いたしました。みなさまへ朗報をご報告できる喜びを噛みしめながら、この記事をアップいたします。すでに用地取得(一部賃貸)、あるいは建物取得の準備が進められており、今年9月に開かれます新宿区第3回定例区議会へ補正予算案が提出され、10月に補正予算の成立後、敷地の一部および建物の取得が行なわれるものとみられます。
 新宿区は、同アトリエを「中村彝アトリエ記念館」(仮称)として、落合地域の文化・歴史資源の拠点のひとつとして位置づけており、取得理由(保存趣旨)としては以下のように述べています。
――――――――
 第一次実行計画「落合の文化・歴史資源の整備・活用」に基づき、落合地区の貴重な文化・歴史資源である洋画家中村彝のアトリエを記念館として整備・保存し、後世に伝えるとともに、施設の公開等による積極的な活用・情報発信を行なうことで、区民の地域文化や歴史に対する誇りや愛着を育み、地域文化の振興を図る必要があるため。
――――――――
 「中村彝アトリエ記念館」(仮称)の竣工・オープンは、2012年(平成24)をめざしています。なお、アトリエ記念館の整備に関する計画検討は、10月以降にスタートするものと思われますので、新しい情報が入りましたら随時、当サイトでご報告していきたいと考えています。
 この間、数多くのみなさまから保存へ向けた活動に対し、ご理解とご支援をいただき、まことにありがとうございました。「中村彝アトリエ保存会」一同、重ねて厚くお礼申し上げるしだいです。

★アトリエ保存の実現とともに、保存を要望する署名活動は終了しています。署名用紙のダウンロードおよびネット署名用のメールアドレスは、削除させていただきましたのでご了承ください。たいへん数多くのみなさまにご協力をいただき、ありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。


nice!(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 2

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。